読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

よくわかる?ハーモニーについて

こんにちは!

まちおかです。
HPブログの当番制がなくなったので
前回に引き継ぎ執筆させて頂くことになりました。
 
みなさん、5月になりましたね。
 
 
一年生にサークルネームがつき、活動も本格的に行なわれるようになってきましたね。
 
 
 
今年の一年生は活動にたいしてのモチベーションが高くて僕自身びっくりしております。
純粋に自分たちが作ってるものに対しプラスの感情を示してくれるのは嬉しい事ですね。
 
 
さて、今回は合唱について大事なハーモニー、和音について書きたいと思います。
 
 
合唱だけではなく、ギターや作曲までできちゃうかもしれないところまで踏み込んで書いてみようと思います。
 
 
 
(稚拙な文章を含むのでご了承ください。)
 
・ハーモニーって何ぞや?
 
音楽を構成する3つの要因は、「メロディ・リズム・ハーモニー」です。
ハーモニーとは和音を意味していて、
複数の音の組み合わせのことをいいます。
 
 
 
・合唱の真髄はハーモニーにあり
合唱は読んで字のごとく皆で声を「合わせて唱える」ことを意味しますね。
 
歌のメロディを楽しむだけなら一人で歌えばいい話です。
 
 
皆が合唱に魅せられるのは「互いに違う音を出す事で作られるハーモニーの心地よさ」が一因となっているのではないでしょうか?
 
 
僕自身、合唱で歌う時、どのように声を出せばいい響きのハーモニーが出来るかを考えて歌うことに合唱の楽しさを見出しています。
 
 
皆さんも自分の声と他の人の声が響きあい、綺麗なハーモニーが出来た時、その瞬間に合唱の、上手くハーモニーを作る事の虜になっているはずです。
 
(こればかりは幾ら理屈をこねても伝わらないと思います。ぜひ体感してください!)
 
 
 
 
 
 
 
・何のためにハーモニーが曲にあるのか?
 
では「ハーモニーを作ることの楽しさってこんな風なんだな」となんとなく分かったところで、何のためにハーモニーが曲の中にあるのかを説明します。
 
 
簡単に言うと曲におけるハーモニーとは「雰囲気を作る」ことを意味します
 
 
漫画で言えば物語のシーンに相当するでしょうか。
 
漫画の各チャプターには一貫するテーマがありますが、その中にも起床転結がありますよね。
 
 
音楽も同じで、起床転結の繰り返しにより曲が進行しています。その各場面をハーモニーを使うことでわかりやすく表しています。
 
ハーモニーの存在意義が分かったところで、ハーモニーそのものがどういうものか書いていきます。
 
 
 
・ハーモニー=和音をつくろう
{5BC677D4-8E94-427E-A7D3-516447C5BF84}

このように幾つかの音が重なると和音になります
 
ちなみに音が三つあるような和音を「トライアド」といいますが、これがハーモニーの最も基本となる和音です。
 
 
 
では
このトライアドの構成を見ていきましょう
 
{E61070CA-89FE-47C6-85F4-1CC28202B972}
・根音→和音において最も基本となる音です。この音を決めると、和音の他の音が決定されます。
つまり、自分のパートの音が根音の場合、そのパートが絶対的権限を持ちます。
しっかり出しましょう。
 
 
・第5音→根音のサポーターのような役割の音です。この音を担当した場合は根音に上手くのせるように歌いましょう。
 
 
・第3音→これぞ和音の醍醐味!!な音。
この音で和音の雰囲気が決まります。
主張はしすぎず、かつ和音を決定するために存在感を出す事。
 
 
☆メジャーとマイナー
実は和音にも種類があります。
わかりやすいのはメジャーとマイナーでしょうか。
 
 
 
メジャーはいわゆる
「ドミソ」
つまり根音の位置を0、半音を距離1とした時に下の音から
「0、+4、+7」の関係になる和音です。
どちらかといえば明るい雰囲気を感じる和音です。
 
 
 
対してマイナーは
メジャーの第三音を半音下げ、
「0、+3、+7」の関係にした和音です。
こちらはメジャーに対して悲しげな雰囲気が出ます。
 
 
このほか第三、第五を半音下げたディミニッシュ、第五を半音上げたオーグメントなどがあります。どちらも不思議な雰囲気を醸し出す和音です。
 
{9EC33C41-FE68-4A52-B12C-9492BD0A277E}
 
・四和音
三和音があれば四つの音で構成される四和音もあります。
 
三つの音だけで出せない雰囲気を四和音で作り出すことが出来ます。
 
 
代表的なものはセブンスでしょうか。
セブンスとはその名のとおり「第7音」を意味します。
{C395CBEA-BB1B-4A1D-9698-01D1003A651B}

根音に対して+10の音をメジャーに加えた和音をセブンス
 
マイナーに加えたものをマイナーセブンス
 
+11の音をメジャーに加えたものをメジャーセブンス
といい、いずれも落ち着かない雰囲気の和音です。
 
 
この落ち着かない雰囲気はある意味「落ち着くところに向かう感じ」もするので、
曲においては次の場面に向かうところで使用されます。
 
 
・調とダイアトニックコード
それでは和音が実際曲の中でどのように使われているかを書きたいと思います。
 
 
 
楽譜を見ているとト音記号ヘ音記号のところにシャープやフラットがついていることがありますね。
 
これは曲の「調」を与えていて、曲の雰囲気と、雰囲気を出すために使う音を決定させるものです。
{EEC7F393-7503-41F2-BD07-EC9B537C4BB3}
このシャープとフラットの数によって
調が決まります。
#1つならG、♭1つならF、といった感じです。
 
シャープとフラットの数はどうやって決定しているのか、というと、「 ドの音をその調の音に移動する」ことで決まっています。
 
これはどういうことかというと、
皆に馴染みのある音階である「ドレミファソラシド」はド=C、つまりCの音階ですよね。
各音の間は「全全半全全全半」となっています。
 
この関係を保ったまま最初の音を別の音にすると、調が変わります。
 
 
例えばG(ソ)の音階にすると
ソラシドレミファ♯ソ
となります
(各音の間は全全半全全全半になってますね)
この中でいくつ♯があるかを数えると、1個になります。
 
したがって#が一つ付いていたらその曲はGの調となります。
 
 
 
・ダイアトニックコード
 
謎の単語が出てきましたが、要は「曲の調で使われる音階の各音を構成音とした和音の集まり」
です。
 
このダイアトニックコードを用いて曲のハーモニーは作られます。
 
 
 
具体的にどういうことかを説明すると、
{03A6C818-8A8C-41F8-A72D-24B66BB5C9E3}

これはCの音階のダイアトニックコードです。
 
Cの音階は「ドレミファソラシド」
ですが、
その各音を根音として和音を作ります。
 
ド→ドミソ→C
レ→レファラ→Dm
ミ→ミソシ→Em
ファ→ファラド→F
ソ→ソシレ→G
ラ→ラドミ→Am
シ→シレファ→Bm♭5(ソをつけてG7とする場合も)
 
 
これがCのダイアトニックコードであり、
Cの調の曲であればこれらの和音を主に使って曲を進行させていきます。
 
(実際、C調の曲であるルージュの伝言はこのCのダイアトニックコードしか使っていませんね)
 
 
 
・もう少し!!トニック、ドミナントサブドミナント
 
さてダイアトニックコードを紹介しましたが、これをデタラメに配列してもいい感じに曲はできません。
 
和音の並べ方にはコツがあります。
これについては「トニック、ドミナントサブドミナント」と呼ばれる和音の関係性を知ることになります。
 
 
 
 
三たびこの図
{0E297C1B-0D2D-41B8-B9DE-5D9510B9F9AC}
C調を例にして進めます
 
 
トニック:C(ドミソ)その調で主役を担う和音です。この和音に始まりこの和音に終わる曲が多いです
次にどの和音に向かっても割と上手くはまる和音です
 
 
ドミナント:G(ソシレ)割と曲を盛り上げる役割が多い和音、次にトニックへ収束する雰囲気を見せる和音です。
 
 
サブドミナント:F(ファラド)起承転結でいえば承の部分にあたるような和音、トニック、ドミナントどちらに向かってもいいような雰囲気の和音です。
 
(ちなみにこの調における1、4、5番目の音を根音とする和音をそれぞれⅠ、IV、Ⅴとローマ数字で書き記し、この3つの和音を主要三和音と言います。
ダイアトニックコードの残りの和音は副三和音といいます)
 
この性質を生かして曲は作られています。
 
トニック→サブドミナントドミナント→トニック
とこの流れが一番基本的なコードの進行でしょう。
 
C調なら
C→F→G→C
 
G調なら
G→C→D→G
 
こんな感じです。
 
 
・代理コード
トニック、ドミナントサブドミナントはそれぞれ一つしかないのか?と言われるとそうではありません。
ダイアトニックコードの他の和音もトニック、ドミナントサブドミナントに属します。
 
 
例えばC調だと…
トニック(T)→C、Em、Am
ドミナント(D)→G、Bm♭5
 
といった感じです。
 
このように主要三和音の代わりに用いる副三和音を「代理コード」といいます。
 
代理コードを用いたコード進行の例を見てみましょう。
分かりやすいのはいわゆる「カノン進行」でしょうか。結構多くの曲に用いられているコード進行です。
 
C→G→Am→Em→F→C→F→G→C
トニックとしてCの代わりにAmやEmを用いることで曲に深みを与えています。
 
ほかの例として
「JPOP進行」というものもあります。
F→G→Em→Am
S→D→T→Tという
サブドミナント始まりの進行で、かなり多くの曲で使われています。
 
代理コードを用いて、
FM7→G7→Em7→Am
として、コードをおしゃれに聞こえさせる曲もあります。
代表例は、flumpoolの「星に願いを」やスピッツの「ロビンソン」ですかね。
(ロビンソンではEm7→E7として曲の切なさを強くしています)
セブンスは代理コードとして用いることで曲の雰囲気のニュアンスが変わります。
 
(他にも代理コードやコード進行はたくさんあるので興味ある人は調べてみてね)
 
 
 
 
 
 
・合唱ではどう活かされているのか
くどくどと理論について書いてきましたが、
ここでほとんどの人は「こんなの作曲するやつにしか役に立たないだろ」
と思うでしょう。
 
 
確かに作曲でもしない限りこの理論が完璧に分かっている必要はありません、
 
ですが、このことを頭の片隅に置くだけで合唱のハーモニーの作り方を意識した歌い方ができ、実力の向上につながります。
 
 
例えば、ハーモニーで伸ばすような箇所
 
 
上で根音と第五音、第三音の役割は異なると書きましたが、
進行からコードを推測して、自分のパートがどの役割かを意識して歌うだけでハーモニーの質は違ってきます
 
 
また、よくわからない音の並びも、コード進行からなぜそういう並びをしているかの必然性が分かってくる場合もあります。
 
 
歌い方が身につき、少しハイレベルなことをしたいと考えてる人はこのハーモニーを意識した歌い方を取り入れてみてはいかがでしょうか
(あまり固執するのも良くはないですが…)
 
 
 
 
 
 
追記:発展編:平均律純正律について
 
 
あらぐさの中でも音楽に詳しい猛者の方々にハーモニーの話をするなら、この話を抜きに話せないでしょうか。笑
 
・ピアノで鳴らす和音は物理学的には美しくない
あ?何言ってんだお前?そんなことねえだろ。勉強ろくに出来ない奴がデタラメ言ってんじゃねえ
 
とか思われる方もいらっしゃると思いますが、これは本当なんです。
 
 
ピアノというのは各音の間が全て等しくなるように音を調律している楽器です。
 
 
 
ピアノのように各音の間を全て同じにするような音の当て方(音律といいます)を
平均律」といいます
 
 
これに対し、「純正律」という音の当て方があります
 
 
音というのは波であるのは皆ご存知かと思いますが、その波の周波数(波長の逆数)の比に着目した音律です。
 
 
厳密的にいうと、「メジャーの三和音の各音の周波数の比が常に4:5:6になるように音を割り振った音律を純正律と定義した。」という表現が適切でしょうか。
 
倍音とは、基音(対象とする音)の周波数の整数倍にあたる周波数をもつ音の集まりです。
例えば基音の音がラ(周波数440ヘルツ)とすると、第二倍音は1オクターブ上のラ(周波数880ヘルツ)、
第三倍音は基音の1オクターブ半上のミ(周波数1320ヘルツ)となります。
 
この図でいう第4・5・6倍音の重ね合わせが純正律の和音となります。
 
 
純正律にすると何がいいのかというと、
「音を複数重ねた時に、周波数の比が整数倍であるため倍音によるうなりを伴わずに綺麗な和音になる」
というメリットがあることですね。
 
これが平均律だと各音の波長の比が整数にならないため多少うなりを伴った和音になります。
 
 
{3059F746-00FA-43A1-8CBA-7E70F360B683}

平均律純正律での各音の周波数をグラフにしたものです。
 
純正律のCの和音は、平均律のそれと比べ、
Eが若干低め、Gがほんの僅か高いです。
 
 
合唱においてハーモニーを作る時、純正律を意識して声を出すと、実は綺麗なハーモニーを作れちゃうんです!!
 
YouTubeなどに平均律のハーモニーと純正律のハーモニーを比較している動画があるので、是非体感してみてください。
 
(実際かなり微妙な高さの差なので実力がしっかりついてから確認してみてね!
 
また、平均律でチューニングするか純正律でチューニングするかは団体によるのでしっかり確認しよう!)
 
 
 
 
 
 
・おわりに
今回は前回に比べ、かなり難しいテーマを選んでみましたが、いかがでしょうか?
和音の理論はもっと奥深く、面白いものなので、興味を持った人は勉強してみてはいかがでしょうか。
 
 
 
 
それでは(^ν^)ノシ